スイングの練習

ゴルフのスイングは体重移動しながらバックスイングし、ダウンスイング、インパクト、フォロースルーといった動作を一度に行う訳ですから、初めてゴルフをする人にとっては非常に難しいものです。
一連の動作をゴルフボールを打ちまくって練習するよりも、一つずつ確認しながら練習してみましょう。

まずは体重移動とバックスイングですが、体重移動は体全体の体重を球に乗せて打つには必要なのですが、始めは左足を浮かせずにベタ足にしながら右に体重をのせます。
この時過剰に頭を動かさない様に意識しすぎるとうまくいきません。
もちろん上下左右に頭が動いていい訳ではないですが、体重移動すれば自然に頭は右に動き、頭の位置は右足の内側あたりにまできます。

バックスイングはまずテイクバックして地面とゴルフクラブが平行になる地点で止めてみます。
そしてゴルフクラブのシャフトが仮想線に対して平行なのかクロスしているかを確認し、もしクロスしているようなら平行にしてみます。
そしてクラブフェースが地面や上でなく体の正面に向いているか確認します。
フェースが上を向いていればスライスになりやすく、逆はフックになりやすいので知っておきましょう。

次にダウンスイングですがトップから振り下ろす時に、また地面と平行になる地点で止めてバックスイングの時と同じようにクラブシャフトが仮想線に対してクロスか並行なのか見てみます。
平行ならばバックスイングと同じ軌道で振れている事になります。
クロスしているようなら、バックスイング同様にスライスやフックの原因になります。

次にインパクトの際は体の位置や頭の位置に気をつけてみましょう。
なかなかインパクトの瞬間の自分の姿は確認しにくいですが、イメージとして知っておいてください。
体や頭が打つ目標であるゴルフボールより先に前に出ればインパクトの瞬間、ボールは体の中心より右にある訳ですからボールは右にスライスしてしまいます。
体を残す為に膝がながれないようにして、頭もゴルフボールより先に行かないようイメージして打つようにして視線はゴルフボールに集中しましょう。

最後にフォロースイングはゴルフボールを押し出すイメージで、体重は打ち終わる段階で左足に移っていますから、右足のかかとが少しういている状態で体が真っ直ぐになるのが良いと思います。

スライスやフックはグリップ、スタンス、バックスイング、ダウンスイング、フェースの向き、インパクトと様々な要素で決まってきますから、スライスになるダウンスイングをスタンスで修正したりせずに1つずつ確認してみるのも手だと思います。


関連エントリー

 
Copyright © 2010 はじめてのゴルフコースデビュー【 ゴルフ場の格安予約サイトも紹介 】. All rights reserved