スタンスについて

ゴルフのスタンスもグリップと同じく大事な基本要素で、グリップやスタンスが定まらないと安定したショットが出来ないのでしっかり練習しましょう。

スタンスにも大きく分けて3種類あります。

まず1つ目はスクウェアスタンスで目標とゴルフボールを結んだ線(仮想線)と平行に立つスタンスでの事です。
2つ目はクローズスタンスで仮想線に対してスタンスのラインが右にクロスしている状態で左足が右足より前に出た状態になります。
3つ目はオープンスタンスで仮想線に対してスタンスのラインが左に開いた状態の事でクローズスタンスとは逆になります。

まず最初は肩幅程度に足を開き、右足を仮想線に対して垂直にし、左足を軽く開いてスクウェアスタンスを取ってみましょう。
この時あまりに窮屈であれば、足幅等を微調整してなるべく自然体で構えます。
あまり足先ばかりをスクエアにする意識が先に立ち、体全体がオープンになったり、クローズする事がないよう全体がスクエアになるように少し意識しなくてはなりません。
スクエアに立ったつもりでも肩や膝のラインがオープンになっていればスライスも出やすくなってしまいます。
最初は重心は中央を意識して、両肩も平行になるようにして練習してみましょう。
どうしても肩や膝のラインが平行にならない時はグリップに問題が有る場合もあるので、グリップもチェックしてみましょう。

後スライスが出やすいからとオープンスタンスを取ったり、フックが出やすいからクローズスタンスを取ったりするのは癖も付き易く、個人的にはあまりオススメはしません。


関連エントリー

 
Copyright © 2010 はじめてのゴルフコースデビュー【 ゴルフ場の格安予約サイトも紹介 】. All rights reserved