まずはグリップ

まずグリップには大きく分けて3種類あり、特別名称を覚える必要はないですが、いろいろ試してみて自分にあったグリップを探しましょう。

まず1つ目は代表的なオーバーラッピンググリップです。
まず左手でグリップを持ち、右手の小指を左手に重ねる様に握ります。

このグリップは両手の力でスイングすると言うよりは左手が主になり、右手は補助といった関係になるのでスイングしやすいのですが、反面手の小さい女性などには右手の力が十分伝わらない為に不向きだったりします。
また人によっては右手の力が伝わりにくい事でスライスが出やすくなるかもしれません。

2つ目はインターロッキンググリップです。
右手の小指を左手の人差し指と中指の間に入れてロックするように握るグリップで一般的には右手の小指が直接グリップに触れる為に右手の力が入りやすく、女性にも向いていると言われています。
握ってみると分かると思いますが、両手で握っている感覚がオーバーラッピンググリップに比べてあるので、初めてクラブを握る人には一番クラブと手との一体感が持てるかもしれません。

最後がテンフィンガーグリップです。
文字通り十本の指で握るグリップの事で左手と右手が重なる事はありません。
これも握ってみると自然にクラブを持った形になるので右手の力が十分にクラブに伝わるのですが、あまり両手とクラブとの一体感が持てないかもしれません。

どのグリップが一番良いのかはそれぞれ一長一短なので人それぞれです。
スイングは基本的に片手ではなく、両手の力がバランスよく働くのが理想なので、それぞれを練習で試してみましょう。

次に左手の握る位置についてですが、まず左手だけでクラブを持ってみましょう。(右手は使いません)
そしてその状態で左手の人差し指と中指のこぶしが上から見える様に調節してみます。
もしこの時、人差し指のこぶししか見えない状態であればスライスが出やすくなり、逆ならフックが出やすくなります。
これにも実際には個人差が出ますから、試してみるのが良いと思います。

またスイングの際に力が入りにくい原因としてグリップではなく、横から見て腕から手首やクラブまで一直線に真っ直ぐ握らず、ちょっとだけ手首の部分で軽く曲げるだけでだいぶ力が入りやすくなり改善する事もありますので参考にしてみてください。


関連エントリー

 
Copyright © 2010 はじめてのゴルフコースデビュー【 ゴルフ場の格安予約サイトも紹介 】. All rights reserved